こんにちは。

神戸市整体フィットの伊藤です

ブログをご覧いただきありがとうございます

肩関節の動き、背中の痛み、肩こりなどに関係する

肩甲骨にの動きについて書いていきます

肩甲骨について

まずは肩甲骨には

肋骨側と背中側があります

背中側

背中側(お腹側)

肩甲骨の動き

挙上 下制 外転 内転

上方回旋(肩甲骨の関節窩:関節面が上を向く動き)下方回旋(肩甲骨の関節窩:関節面が下を向く動き)

肩甲骨について

肩関節を屈曲(肩を前から上にあげる)や外転(肩を横に開くように上にあげる)動作は肩甲骨は上方回旋し後傾します

肩関節を伸展(肩を後ろにする)内転(肩を体幹に近づける)動作は肩甲骨は下方回旋し前傾します

→肩の動きは肩甲骨の動きがかかわるという事がわかります。

肩甲骨固定筋

肩関節の治療などは肩甲骨固定筋の理解についても重要です ↑上の写真をみて分かるように 肩甲骨よりも明らかに上肢の骨のほうが大きいです

このことから分かるように上肢を動かすにはしっかり肩甲骨が体幹にしっかり固定されていなけらなりません上方回旋をする筋肉は 僧帽筋 前鋸筋です
下方回旋をする筋肉は 小胸筋 菱形筋 肩甲挙筋です

肩こりや腰痛の方など 姿勢の悪い方の多くの人は肩甲骨が 下方回旋 外転 前傾 しています

なので 上方回旋 内転 運動を行う 僧帽筋を鍛える事が 姿勢にも 肩こりにも 腰痛にも影響します

僧帽筋について

 

僧帽筋は上部繊維 中部繊維 下部繊維があります

僧帽筋上部繊維

僧帽筋の上部繊維の運動は肩甲骨の挙上と上方回旋で 上部繊維は姿勢がまるい猫背姿勢や肩甲骨や胸郭の動きの制限がある状態で肩周りを動かすと緊張がつよくなり肩こりの原因にもなる(ヨガやジムで運動をし余計肩が凝る人の多くがこの僧帽筋上部繊維の緊張がある)  上部繊維と中部繊維、下部繊維は別に考える

僧帽筋中部繊維

僧帽筋中部繊維の運動は肩甲骨の内転と上方回旋で 中部繊維は腱鏡と呼ばれる部分で左右の繊維が結合している 片側の胸椎を固定すると反対の肩甲骨の内転作用効率はたかまる

僧帽筋下部繊維

僧帽筋下部繊維の運動は肩甲骨の下制と上方回旋で 肩関節を上にあげるほど筋肉の活動量は多くなる

僧帽筋中部繊維下部繊維を使おう

肩こりの方 姿勢を改善したい方 肩関節痛みで肩を上げる事が困難な方に有効なトレーニングです

僧帽筋上部繊維が緊張すると 肩こりの原因になるとお話しましたが、中部繊維と下部繊維はどちらかというと使えていない人が多いです

なのでトレーニングは僧帽筋中部繊維下部繊維を使う事が目的になります

解説動画

注意点は姿勢!これが一番大事で難しいところ。

前屈みの姿勢でトレーニングを行うと僧帽筋上部繊維に力がはいります

なので必ず姿勢を正した状態で行います

肩甲骨周辺の組織の癒着や胸郭の可動域制限がある場合はそのケアが必要です

関連ブログ 肩の運動 胸郭の運動 お腹と腹圧

注意点は姿勢です。

肩甲骨のポジションの偏移は肩こりや背中の痛み肩関節の動きに大きくかかわるので重要なポイントです極端に肩甲骨のポジションに偏移がある場合は治療が必須です。治療をしないと肩甲骨が適切に使えない事があるのでケアをしましょう

体操について

当院では患者さまの状態にあわせ施術と運動の仕方。ストレッチの仕方をお伝えしています。

細かい注意点。体操のやり方を知りたい方は是非整体フィットへご連絡下さい

僕自身も毎日運動をしています。

その運動によって腰痛と背中の痛みが解消しました。

お互い自分の身体のため未来のために予防をしましょう

整体フィット

651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-2-1 三鶴ビル802 整体フィット

電話番号 090-6059-4091