こんにちは整体フィットの伊藤です

今回はお悩みの中でも多い症状

肘の痛み テニス肘こと上腕骨外側上顆炎について

この痛みは日常生活でも支障をきたす事が多いうえに

中々治りにくい疾患でもあります

さて

そもそも上腕骨外側上顆炎ことテニス肘とは、、、

上腕骨外側上課に炎症を起こす疾患で ものを持ち上げるときや強く握った時にみが起こり テニスをはじめたてにフォアハンドのプレーで痛めやすいことからテニス肘とも呼ばれます

テニス肘 上腕骨外側上顆炎について

上腕骨は肩甲上腕骨と肘関節をつくる骨です

上腕骨外側上課は肘の外側部分にある場所で

上腕骨外側上顆はこの辺り↓下写真

上腕骨外側上顆に手首や指を伸展する筋肉が沢山つきます

下図 伸展もしくは背屈という:伸展とは手の平とは反対側に曲げる動き屈曲もしくは掌屈という(逆に手の平側に曲げるのを屈曲という)

この手首や肘を伸展する筋肉を過剰に使うことにより付着部である上腕骨の外側上顆に痛みがおこります

これがテニス肘こと上腕骨外側上顆炎です。

このブログを見られている方で

テニス肘と言われた方はこのメカニズムは整骨院や病院でお聞きになりご存知かとおもいます。

そして 上腕の筋肉のストレッチやマッサージなどのアプローチや湿布などの処置をしているかと思います

手首もしくは指を伸展させる筋肉

上の図にのっている筋肉がすべて上腕骨外側上課から手首をこえ付着する筋肉

これらの筋肉(伸筋群)を過剰に使う事により上腕骨外側上顆炎がおこります

この疾患は整骨院や病院などにいかれ 痛み止めや湿布 ストレッチや筋肉にアプローチ もしくは肘のサポーターを処方してもらう事が多いと思います

そして原因が伸筋群の使いすぎなだけに安静にして下さいといわれると思います。

この安静がポイントです

テニス肘における安静

テニス肘において安静にしてくださいと言われるとおもいますが 多くの人は肘を安静にします。

けど実際に痛みの原因になる筋肉は手首を動かす筋肉に原因があります。

なので安静にするのはです

そして日常生活で手を安静にする事は 

ほぼ不可能です 歯磨き 包丁 洗濯物をほす。。。などなど辞めれないですよね

なので テーピングで痛みの起きにくいようにしてもらう事も重要ですが

テニス肘が治りにくい人 もしくはテニス肘になる人には特徴があります

そしてその特徴を変えるだけでも伸筋群にかかる負担は減らす事ができます*治るではない負担を減らす

その特徴がこれ

テニス肘になる人は 殆どの人が肩が巻き込んだ姿勢になっています

これが正常 肩が中にまきこんだ姿勢がこちら 極端な姿勢で写真をとっていますが実際の患者さんも症状がある側は巻き込んでます これだけ?と思うかもしれませんが

背筋を伸ばした状態。と肩を中に巻き込んだこの状態。で手首を伸展の動きを比べてみてください

伸展の動きはこれどうですか?

あきらかに肩が中に入った状態の方が伸筋群にはいる負荷が強いかが分かるかと思います

つまり肩が巻き込んだ状態だと

本来肩の動きなどで補ってくれた負担が

すべて伸筋群のみで起こす動きになり

伸筋群の過剰の負荷から上腕骨外側上課に牽引力や負荷がかかり

炎症が起こりやすく治りにくい状態になるのです

なのでテニス肘で長い時間 改善がみられない方は

全体の姿勢からケアを行う体操と治療を視野に入れてもらえたらとおもいます

*ちなみに この状態では肘の屈曲も腕橈骨筋が優位の屈曲になり屈曲角度も制限があります(肘の屈曲パターンの分類は別のブログで書きます)

↑この方はテニス肘ではありませんが、、、肩の巻き込みを変えているので一応貼っておきます

体操について

当院では患者さまの状態にあわせ施術と運動の仕方。ストレッチの仕方をお伝えしています。

細かい注意点。体操のやり方を知りたい方は是非整体フィットへご連絡下さい

僕自身も毎日運動をしています。

その運動によって腰痛と背中の痛みが解消しました。

お互い自分の身体のため未来のために予防をしましょう

整体フィット

651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-2-1 三鶴ビル802 整体フィット

電話番号 090-6059-4091