こんにちは。

神三宮 整体フィットの伊藤です

今回は膝内側の痛みについて書いて聞います

膝の内側の痛みの症例の殆どが

下腿の外旋アライメントが影響しています

ここでは膝の内側にある組織の解説をさせていただきます

膝の内側の組織

内側広筋 内側膝蓋支帯

膝蓋下脂肪体:IPF

内側半月板 内側側副靭帯 半膜様筋

鵞足

腓腹筋内側頭

滑液包(組織と組織の摩擦を緩和するための組織)

伏在神経

などがある

内側広筋 内側膝蓋支帯

内側広筋は大腿四頭筋の内側の筋肉です そして大腿四頭筋は膝蓋骨を経由し膝蓋靭帯になるのですが 膝蓋骨を経由せず脛骨に付着する繊維が内側膝蓋支帯になります

膝蓋下脂肪体:IPF

膝蓋下脂肪体は膝蓋靭帯のすぐ下にある脂肪組織でこの部は癒着や炎症が起きやすい場所でもあります

内側半月板 内側側副靭帯 半膜様筋

内側半月板 内側側副靭帯 半膜様筋それぞれの損傷もありますが この3つの繊維は結合しているのでここではまとめて書いています

半膜様筋と内側側副靭帯の間には滑液包があり 内側半月板と内側側靭帯は前と中。半膜様筋は後ろに付着している

鵞足

鵞足は半腱様筋 薄筋 縫工筋のことで 鵞足の腱と摩擦が起きやすい部分にも滑液包があります

腓腹筋内側頭

腓腹筋内側頭は半膜様筋は結合しているうえに 接触する部分の筋肉の走行が摩擦をおこしやすい

滑液包(組織と組織の摩擦を緩和するための組織)

組織と組織の摩擦を軽減するために滑液包が存在していますが この部分が癒着すると組織の滑走性がなくなり正常な動きができないばかりか拘縮の原因となる

伏在神経

椅子からの立ちあがり動作などで痛みのでる方に縫工筋の下にある 伏在(ふくざい)神経の刺激による痛みが場合もあり

縫工筋を含めた鵞足部の滑走性のアプローチが必要になります

評価

これらの組織の評価を行い膝内側の痛みの評価を行う必要がある

体操について

当院では患者さまの状態にあわせ施術と運動の仕方。ストレッチの仕方をお伝えしています。

細かい注意点。体操のやり方を知りたい方は是非整体フィットへご連絡下さい

僕自身も毎日運動をしています。

その運動によって腰痛と背中の痛みが解消しました。

お互い自分の身体のため未来のために予防をしましょう

整体フィット

651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-2-1 三鶴ビル802 整体フィット

電話番号 090-6059-4091