こんにちは

整体フィットの伊藤です

ブログをご覧いただきありがとうございます

人間の体で一番大きな筋肉は何かご存知ですか?

それは コレ↓

大殿筋です

*文献によっては大腿四頭筋が一番大きいと書かれていることもありますが

大腿四頭筋は四つの筋肉の総称なので実際は大殿筋が一番大きいと考えられます

大殿筋について

大殿筋の作用は有名なのが股関節の伸展です。その他外旋作用があります

伸展とは

股関節の前に曲げるのではなく後ろに曲げる動作です

イメージは脚を後ろに振り上げる動きが伸展です

日常生活では歩くときに行います。

大殿筋は、、、

大殿筋は骨盤から大腿骨に付着し 股関節の伸展と外旋の作用がありますが

面積が大きく分類すると

上部繊維と下部繊維に分けることができ

上部繊維と下部繊維では作用が若干違います

簡単に分類すると

大腿骨の中心より上にある繊維が 上部繊維

大腿骨の中心より下にある繊維が 下部繊維

になります

大殿筋の連結

大殿筋は人体で最も大きな筋肉で

腰と股関節を連結させる筋肉なので

体幹の筋肉とも下腿とも結合しています

体幹 腰部での連結

体幹での連結を考える場合

大殿筋を表面でとらえるのではなく 大きな筋肉なので

深い深部と 表面の浅層でとらえる必要があります (胸腰筋膜)

深部での連結

腰部(胸腰筋膜)の深部にある筋肉は多裂筋であり

大殿筋の深部と多裂筋は深部で連結している。

つまり深部の多裂筋の治療をする際には大殿筋を考慮し治療することで円滑に行える事がある

浅層での連結

腰部(胸腰筋膜)の表面にある筋肉は脊柱起立筋であり

脊柱起立筋の治療においても大殿筋は重要なポイントになる

つまり

腰痛をとらえる上で大殿筋はとても重要な役割がある

重要な事は他にも、、、

左右の大殿筋と左右の多裂筋の連結部には仙骨があります

つまり大殿筋と多裂筋の緊張の左右差や攣縮などは仙腸関節障害の原因となるのです

下腿との連結

大殿筋は上部繊維と下部繊維にわかれ

下部は股関節の内転

上部は股関節の外転作用があり

トレーニング方法も若干かわります。

その他

上部繊維には下部繊維にはない大きな特徴があり

それは上部繊維は腸脛靭帯と呼ばれる靭帯に付着します

腸脛靭帯は膝を超え下腿の骨に付着します↑青い部分が腸脛靭帯

つまり大殿筋は腰部の痛みや治療だけでなく

股関節や膝の痛みや治療にも影響することになるのです

大殿筋のトレーニング

大殿筋について まだまだ書きたい事はありますが

今回はこのくらいで また違った内容を別のブログで書くつもりです

なので書いたら また読んで下さいね

それでは

大殿筋を鍛える最も簡単で有名なトレーニングはやはり

キング オブ トレーニング=スクワットです

今回はスクワットでも大殿筋を特に使う方法について書いていきます

以前のブログでスクワットについて書いていますが

前回の動画は特定の場所を絞ったトレーニングではありませんでしたが、今回は

大殿筋をターゲットにしたスクワットです

スクワットはお尻の落とす深さ 足の開き 股関節から曲げるか膝で曲げるかなど鍛えられる場所が変わります

大殿筋に対して利かすポイントは

・脚を大きく開き

・お尻を深く落とす

・この時骨盤を前傾させすぎないように行う事です:つまり腰を反らさないということです

こんな感じ↑

脚を開くは分かると思うのでお尻を深く落とす画像を貼っておきます

お尻を深く下げると

股関節は曲がった状態になり大殿筋は伸ばされます。

その状態から起き上がるのも落とすのも大殿筋に負荷がかかります

そして自然に体幹が前傾していきますが 体幹が前傾するほど大殿筋の活動が活発になると言われています。

今日は動画をとってもらえる人がいないので静止画しかありません。

ごめんなさい。。。

簡単に安全なトレーニングなら こちらのバックブリッジをどうぞ↓

読んでほしい事

大殿筋についてはまだまだ大事な事を書かなければなので

別のブログで今回の内容と重複するか、今回の内容を細かく記載したブログを書こうと思っていますので

また宜しくお願いします

体操について

当院では患者さまの状態にあわせ施術と運動の仕方。ストレッチの仕方をお伝えしています。

細かい注意点。体操のやり方を知りたい方は是非整体フィットへご連絡下さい

僕自身も毎日運動をしています。その運動によって腰痛と背中の痛みが解消しました。お互い自分の身体のため未来のために予防をしましょう

整体フィット

651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-2-1 三鶴ビル802 整体フィット

電話番号 090-6059-4091

整体フィットの口コミ・感想をもっと見る