こんにちは

整体フィットの伊藤です

ブログをご覧頂き有難うございます

今回は脚を組む人が良く言う

均等に組むようにしています。

この事について

そもそも何故脚を組むのか?

の説明をしていきます

 

もちろん色々な書籍により書いてある事が色々あり

左右を均等に組むように。や片側だけでなく両側で組むようにして下さい

など書いていたり言われることもあるかとは思います

 

だけど

僕は組む理由はバランスが悪いから脚を組み

バランスを整える必要があり

実際バランスが整うとある程度脚を組む動作が減る人が沢山います

今回はそのバランスについて書いていきます

その時に僕が評価のポイントにするのが 下肢です

 

そして下肢の中で腸脛靭帯というものが大きなポイントになるので

腸脛靭帯の解説からしていきます

腸脛靭帯

腸脛靭帯はココ青い部分が腸脛靭帯です

・腸脛靭帯は靭帯と書きますが 実際は靭帯組織ではなく

腿筋膜が厚くなった組織と言われています

・当然ですが筋肉でもありません

股関節や膝の肢位で張力の変化はあるのですが

肢位による緊張の変化はありますが

ストレッチで柔らかくなることはありません

腸脛靭帯の連結

上部

腸脛靭帯は上部は 大殿筋 中殿筋 大腿筋膜張筋と連結しています

ちなみに学生時代の教科書は大殿筋と大腿筋膜張筋が連結するとしか書かれていませんでしたが

現在は

腸脛靭帯の表層大殿筋大腿筋膜張筋が連結しています。
腸脛靭帯の深層は大腿筋膜張筋と中殿筋が連結しています。

*↑この内容は免許を取得してから勉強していないセラピストは知らない人が多いです

*おしつけがましくアピールしています (笑)

この内容は最近出ている参考書には記載されていることが多いです

下部

下部では教科書的には

脛骨のガーディー結節とよばれる部分に付着となっていますが

こちらも細かく分類すると

深部 中部 表層に分類でき

簡単に書くと

表層は 膝蓋骨に付着し

深部と中部は 脛骨のガーディー結節に付着します

*深部と中部の詳しい説明は膝の痛み(ランナー膝)と腸脛靭帯の内容で詳しく書くつもりです

ごめんなさい

まとめ

腸脛靭帯は骨盤から下肢外側につなぐ組織です

そして左右の外側にあり 骨盤の大きな筋肉 下腿の骨と連結しているということは

腸脛靭帯の緊張具合というのは骨盤の左右差 下肢からの骨盤の影響を評価する上での一つの重要な指標になるのです

そして

腸脛靭帯性の骨盤影響のメカニズム

たとえば右側の腸脛靭帯の緊張が強いとします

すると

大腿筋膜張筋・大殿筋・中殿筋も影響をうけ緊張します

すると

右側の大腿筋膜張筋・大殿筋・中殿筋がはり

骨盤に対して牽引力が増します

右側の骨盤の牽引力がますと

右側の仙腸関節にストレスが加わり

無意識にこのストレスを緩和する姿勢をとりたくなるので

脚を組むのです

脚を組むことにより

深部で連結している

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯の緊張が緩和する姿勢になるのです

読んでほしい事

腸脛靭帯の評価はあくまで簡単な評価です

しかし

下肢からの捻挫 膝痛などから起こる評価には有効です

股関節が原因になるとすこし複雑なので 例外もあるものだお思って下さい

体操

今回は腰のストレッチと大腿筋膜張筋のストレッチを貼っておきます

体操について

当院では患者さまの状態にあわせ施術と運動の仕方。ストレッチの仕方をお伝えしています。

細かい注意点。体操のやり方を知りたい方は是非整体フィットへご連絡下さい

僕自身も毎日運動をしています。その運動によって腰痛と背中の痛みが解消しました。お互い自分の身体のため未来のために予防をしましょう

整体フィット

651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-2-1 三鶴ビル802 整体フィット

電話番号 090-6059-4091

整体フィットの口コミ・感想をもっと見る