こんにちは

整体フィットの伊藤です

ブログをご覧頂きありがとうございます

今回は

肩関節の痛みの中で

三角筋部が痛いと表現される方の痛みの原因について解説していきます

三角筋部の痛みについて

三角筋部という場所はだいたい この辺りです

この時にこの部の痛みを表現する時に

ココと表現されず この辺りが痛い

と表現された場合高確率で腋窩神経の症状です

腋窩神経は

腋窩神経うえの写真の この辺りと 〇した場所を支配する神経です

:ちなみに筋肉の支配は 三角筋と小円筋の運動に関与します

そして 腋窩神経性の痛みを訴えるときに腋窩神経が絞扼され症状が起こるのですが

原因となる神経の絞扼部位は QLS とよばれる場所です

QLSとは

QLSは

上腕骨と 上腕三頭筋長頭 小円筋 大円筋 で作られす隙間で

QLSは日本語では 後方四角隙と言います 画像は↓この隙間を腋窩神経が通ります 画像↓

画像では見えにくいかもですが黄色いウネウネしているのが腋窩神経です

つまり

三角筋部の痛みの原因に腋窩神経の絞扼があり

腋窩神経はQLSを通過し QLSで絞扼される事が多く

QLSを構成するのが 小円筋 大円筋 上腕三頭筋が原因になる

評価(検査)・治療において

小円筋 大円筋 上腕三頭筋のストレッチやケアが重要になる

*当然 筋肉だけでなく 肩甲骨や上腕骨・胸郭などの姿勢も重要ではある

体操について

当院では患者さまの状態にあわせ施術と運動の仕方。ストレッチの仕方をお伝えしています。

細かい注意点。体操のやり方を知りたい方は是非整体フィットへご連絡下さい

僕自身も毎日運動をしています。その運動によって腰痛と背中の痛みが解消しました。お互い自分の身体のため未来のために予防をしましょう

整体フィット

651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-2-1 三鶴ビル802 整体フィット

電話番号 090-6059-4091

整体フィットの口コミ・感想をもっと見る