こんにちは

整体フィットの伊藤です

ブログをご覧頂きありがとうございます

今回はお尻の痺れについて書いていきます

この症状はとても多く

坐骨神経痛と言われたり

MRIをとってもらえば狭窄症ヘルニアといわれる事もあるかと思います

しかし、例えば40歳くらいの方でなんの症状がない方が

MRIなどを撮影し全く異常がないとおもいますか?

腰痛などの症状がなくても画像初見でヘルニアや狭窄症が見つかる事があります。

それにお尻の感覚神経は坐骨神経だけではありません。

つまり

画像初見でヘルニアや狭窄症が見つかっても実際に起きている腰痛やお尻のしびれの原因は

別の組織が原因でおこる可能性があります。

だからこそ腰痛や痺れには鑑別が必要になるのです

*これは腰痛だけに限らず膝痛の半月板損傷やオスグッドでも同じでくです

お尻の痺れ

痺れの原因は大きく分けて二つあり

神経性のシビれと血管性のシビれがあります

血管性のしびれ

血管性のしびれは 長時間の正座で起き上がる時や 過呼吸の方がおこる痺れ 動脈硬化による痺れがなどがあります

いおずれも血管性のしびれは広範囲で指先や足先など末端まで痺れがおこります

神経性のしびれ

神経性のしびれも中枢性のしびれと末梢性のしびれがありますが

ここでは末梢性のお尻のしびれについて書いていきます

ではお尻の感覚神経をざっと書いていきます

上殿皮神経 下臀皮神経 下殿皮神経 腸骨下腹神経 などの

皮膚などの表面を支配する皮神経と

上殿神経と下殿神経なども放散痛がおこります

一番下に説明動画のせてます

皮神経

上殿皮神経

しびれは お尻の外側の上部におこり

とても多いです

中殿皮神経

お尻の上から真ん中よりの仙骨付近の感覚神経です

下殿皮神経

お尻の一番下あたりの感覚神経です

皮神経ではないお尻の神経

上殿神経

上殿神経は中殿筋などの筋肉を動かす神経ですが感覚も感じる神経もあり

圧痛はお尻の外側におこります

下殿神経

下殿神経は大殿筋を支配する筋肉ですが圧痛は坐骨神経よりも内側の仙骨側で圧痛があります

坐骨神経

もっとも有名な名前で

人体でもっとも太い神経であり

お尻から足にかけて痺れの起こる神経であり

坐骨神経は膝から下の神経の筋肉や感覚の殆どを支配する神経が分岐していきます

まとめ動画

お尻のしびれについて

お尻の神経が沢山ある事がわかって頂けたでしょうか?

痺れているから坐骨神経とはかぎらないですし

これらの神経はヘルニアや狭窄症以外にも筋肉が原因でもおこります

なので

画像初見でヘルニアがあるから坐骨神経痛

お尻が痺れてるから坐骨神経痛とはな限らないのです

では下の動画をご覧ください

この動画の方は腰からお尻にかけてのしびれが午後14時~15時になると痛くなるという症状です

可動域や姿勢には問題はありますが動きによる痛みはありませんでした。

この方の状態は上殿皮神経が通過する

筋肉が疲労し

起こる典型的な上殿皮神経の症状でした。

僕が行う施術は負担を軽減してもらうための姿勢調整と運動指導です

姿勢へのケアで自分で負担を減らす体操を毎日おこなってもらいました

この方は二週間毎日体操を頑張って頂き症状はなくなったそうですが

実際はこんなに簡単に解決することは難しいです

なにより

毎日体操する事も難しいですし、、、

やっぱり

やっぱり検査やカウンセリング。

体操はとっとも大事です

もちろんMRIやレントゲンの初見も重要なので

撮影もした方が良いですし、、、

外科的なアプローチや薬によるアプローチでなければという事もあります

だけど

すべて坐骨神経症状やヘルニアや狭窄症ではないと

知って頂ければ幸いです

最後までブログをご覧いただきありがとうございました

体操について

当院では患者さまの状態にあわせ施術と運動の仕方。ストレッチの仕方をお伝えしています。

細かい注意点。体操のやり方を知りたい方は是非整体フィットへご連絡下さい

僕自身も毎日運動をしています。その運動によって腰痛と背中の痛みが解消しました。お互い自分の身体のため未来のために予防をしましょう

整体フィット

651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-2-1 三鶴ビル802 整体フィット

電話番号090-6059-4091

このエリアは「整体フィット」口コミ・評価表示エリアです。

口コミ・評価が表示されていない場合はコチラから御覧ください。
整体フィットの口コミ・感想をもっと見る