こんにちは

ブログをご覧いただきありがとうございます

今回は五十肩の方が辛いという

『痛くて寝れない』という悩み

夜間痛について書いていきます

なぜ夜間痛が起こるのか?

夜間痛の原因は二つの説あり

骨内圧の上昇烏口肩峰下圧の上昇です

殆どの文献にこの二つの事が書いていますが

どちらも同時に起こっているとも考えられます

それでは、それぞれの解説

骨内圧の上昇について

これは夜間痛と上腕骨の内圧の関係をしらべた調査で

肩関節痛で夜間痛がある人をしらべると骨内圧が高いという事がわかったそうです

細かい内容は動画で解説しています

烏口肩峰下圧の上昇

第二肩関節の内容でこの部分を解説していますが

烏口肩峰下は 烏口突起烏口肩峰靭帯肩甲骨の肩峰で構成される場所の下の組織で

第二肩関節と言われる場所でもあります。

そして、夜間痛がある方に対して烏口肩峰靭帯の切除を行うと夜間痛が消失したこと

から夜間痛が消失したことから烏口肩峰下の圧力の関係がいわれています

夜間痛はなぜ夜のおこるのか?

圧力が上がる原因には肩関節を構成する組織の炎症、癒着、拘縮など様々な原因でおこります

ではなぜ夜に起こるのか?

一番大きなものは姿勢です。

立っている時と座っている時の姿勢

立っていても座っていても肩甲骨に対して上腕骨は床方面への牽引力がかかり

烏口肩峰下圧は上昇しにくくなります

寝ている時

寝ている時は重力による牽引力は

仰向けなら背中側 うつ伏せなら正面にしかかからず

烏口肩峰下圧は下がらず圧力が上昇し夜間痛が発生してしまいます

夜間痛を解消するには

骨内圧を意識したアプローチ

拘縮や癒着する場所はそれぞれの症状ごとに違いますが

アプローチは骨内圧があがらない手技をする必要がありあます

癒着、拘縮へのアプローチ

夜間痛がある方の場合は腱板疎部や第二肩関節の腱板や滑液包に問題がある事が多いので

烏口肩峰アーチと上腕骨の動を意識したコントロールが必要です

姿勢へのケア

寝ている時に痛いのであれば、痛みのでないように抱き枕などを使い夜間痛が起こりにくい姿勢をみつける必要があります

最後に動画で解説 夜間痛の原因とアプローチの注意点

体操について

当院では患者さまの状態にあわせ施術と運動の仕方。ストレッチの仕方をお伝えしています。

細かい注意点。体操のやり方を知りたい方は是非整体フィットへご連絡下さい

僕自身も毎日運動をしています。その運動によって腰痛と背中の痛みが解消しました。お互い自分の身体のため未来のために予防をしましょう

整体フィット

651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-2-1 三鶴ビル802 整体フィット

電話番号090-6059-4091

このエリアは「整体フィット」口コミ・評価表示エリアです。

口コミ・評価が表示されていない場合はコチラから御覧ください。
整体フィットの口コミ・感想をもっと見る