カウンセリングをしていくなかで

足のしびれを訴える方は度々であう事があります

足のしびれといっても

ふくらはぎ・足うら・足の甲・太もものうらなど

種類は沢山あります。

そういう方たちの多くは整骨院や鍼灸院・または病院で坐骨神経痛やヘルニアといわれている事が多いです

実際、坐骨神経痛の事も多いですが実際はそれだけではありません

そんな中で今回ご紹介するのは伏在神経(ふくざいしんけい)のしびれです

伏在神経(ふくざいしんけい)のしびれは 下腿の内側に起こりますが

この場所のしびれは腰が原因ではなく大腿部が原因になる事があります

しびれについて

ざっくりと痺れについて書いていきます

まず 痺れは 血管性のものと 神経性のものがあります

血管性のも

血管性のものは 長時間の正座の時や 腕枕を長時間し腕から手首まで痺れているあの状態です

血管性のものは この辺りが痺れるというより圧迫された部位より末端全体がしびれます

神経性のしびれ

神経性のものは 神経の絞扼であれば神経の走行や神経の支配領域にのみ痺れがおこります

伏在神経(ふくざいしんけい)について

伏在神経(ふくざいしんけい)は大腿神経という神経から分岐する感覚神経です

伏在神経(ふくざいしんけい)の感覚はこのあたりです

膝蓋下枝も内側下腿皮枝もどちらも伏在神経の領域です(上部は膝蓋下枝,上部は内側下腿皮枝)

ちなみに伏在神経(ふくざいしんけい)は

大腿神経から分岐する感覚神経です(なので坐骨神経痛ではありません)

伏在神経(ふくざいしんけい)は縫工筋(ほうこうきん)の深部を走行します

なので縫工筋の短縮や滑走障害が原因で伏在神経のしびれが起こります

それでは縫工筋(ほうこうきん)について

縫工筋(ほうこうきん)は骨盤の上前腸骨棘から脛骨に付着しますが

イメージがしにくいと思いますので画像がこちら(手書きでごめんなさい)

縫工筋(ほうこうきん)の作用は

股関節の屈曲・外転・外旋 膝関節の屈曲です(イメージはあぐらをかく姿勢)

縫工筋(ほうこうきん)のストレッチ肢位は

股関節の伸展・内転・内旋 膝関節の伸展です

縫工筋のストレッチはセルフで行うのは難しく・セラピストがストレッチをする際も縫工筋の走行をイメージし行う必要があります

縫工筋(ほうこうきん)と伏在神経の走行

縫工筋(ほうこうきん)のすぐ下に伏在神経がありますがイメージはこんな感じ↓

腰が原因のしびれとの鑑別

下腿の痺れの場合

腰が原因の痺れも当然あります

なので腰が原因なのか、大腿が原因の痺れなのかを鑑別しアプローチを行う必要があります

簡単な鑑別は

腰が原因の場合

腰椎付近の圧痛による痺れの有無や腰椎や骨盤の動きの検査による痺れの有無を確認し

腰椎付近の圧痛や動作とともに痺れが起こる場合は腰に原因がある可能性が高いです

大腿が原因の場合

大腿の縫工筋の拘縮や滑走障害が原因の場合は縫工筋の収縮・弛緩による動作による痺れの有無や

大腿部の圧迫でおこる痺れがあれば大腿が原因の可能性が高いです

(このページでは解説していませんが伏在神経は内転筋管という場所を走行します。内転筋管も大腿部にありますのでここでは説明を省略します)

その他

糖尿病が原因によるものや

厳密には痺れの場所がちがいますが閉鎖神経(へいさしんけい)麻痺による痺れもあります

伏在神経のよる痺れへのアプローチ

伏在神経(ふくざいしんけい)の障害に縫工筋が影響することは何となくでも理解できたかと思います

なので当然、縫工筋へのアプローチは必須になりますが

縫工筋は骨盤の前面に付着します

なので骨盤の調整が必要になり

縫工筋は鵞足(がそく)という下腿の骨の外旋を制限する作用もあるので

下腿の外旋が強ければ縫工筋へかかる負荷も過剰になりますなので

骨盤から下肢全体を含めたアプローチが必要になります

そして記事の途中でも説明しましたが

縫工筋はセルフのストレッチが難しいのでセルフケアは下腿のアライメントや骨盤の

調整するケアを僕はお伝えしています

体操について

当院では患者さまの状態にあわせ施術と運動の仕方。ストレッチの仕方をお伝えしています。

細かい注意点。体操のやり方を知りたい方は是非整体フィットへご連絡下さい

僕自身も毎日運動をしています。その運動によって腰痛と背中の痛みが解消しました。お互い自分の身体のため未来のために予防をしましょう


整体フィット

651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-2-1 三鶴ビル802 整体フィット