こんにちは。

ブログをご覧いただきありがとうございます

今回は施術に来られる方の中でも多いお悩みの

頭痛です

特に頭痛は 後頭部・側頭部・前頭部に起こる方が多いですが

今回は後頭部の頭痛について解説していきます

それでは解説!!

後頭部の頭痛は よく鍼治療や東洋医学では

太陽経の頭痛と呼ばれたりしますが

このブログでは

経絡や経穴での解説はしません

東洋医学ではなく

神経で解説します

後頭部に感じる頭痛の原因の神経は

大後頭神経(だいこうとうしんけい)です

大後頭(だいこうとう)神経とは

大後頭神経は

首の後ろの筋肉から後頭部にかけてある神経です

大後頭神経首の筋肉を貫通して 頭の後ろにあります

つまり、首の筋肉が緊張が強いと

大後頭神経が圧迫されます

すると頭痛が起こります

首の負担について

首は頭の重みを支えていると書きましたが

実際の頭の重さは体重の10分の1です

なので

50kgの方であれば約5㎏ 60㎏の方であれば約6㎏の負荷が首にはかかる事になります

しかし

前屈みの姿勢では首にかかる負担は約3倍になります

つまり前屈みの姿勢の方は

首にかかる負担は

5㎏ではなく約15㎏の負荷

6㎏ではなく約18㎏の負荷

*前屈みの姿勢はストレートネック・猫背姿勢やデスクワークの姿勢です

筋肉と頭痛の原因

ストレートネック・前屈みの状態でデスクワークや作業を行えば

筋肉が緊張している時間が続けば

大後頭神経が圧迫され頭痛がおこります

その他にも

首の筋肉の内

頭と首の付け根にある筋肉 後頭下筋群が原因で起こることもあります

詳しくは動画で↓

という感じです

頭痛のアプローチ

姿勢や生活、仕事内容で自分で出来るケアなどは変わりますが

首の筋肉のアプローチだけでなく

胸郭などの姿勢へのケアも重要になりますので

痛みの起こるのはどんな時か?日常ではどんな事が首の負担を起こしているのか?

なども把握する必要があります

最期までご覧いただきありがとうございました!!