こんにちは

今回は足首の可動域と脊柱管狭窄症に関する話です

足首が何故?と思うかもしれませんが

足首の可動域は骨盤の動きに大きく関係します

それでは解説!!

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症とは

60歳以上の4人に1人はなっちると言われる病気で

背骨の中にある脊柱管という空洞が狭くなり

痺れや、長い距離を歩くと歩けなくなったりします。

脊柱管狭窄症の姿勢

脊柱管狭窄症は

脊柱管が狭窄すると脊柱管狭窄症ですが原因は一つではなく

椎間板ヘルニア・腰椎分離すべり症からおこる方や

背骨の骨棘・靭帯の肥厚や骨化などが原因で起こる方など原因は様々です

これらは、マッサージや運動などの施術で改善は出来ません

しかし、脊柱管狭窄症の方の多くは骨盤が前傾した状態になっています

この骨盤が前傾がポイントです

前傾になっている原因が筋肉や関節の硬さからくるものであれば

ある程度の施術が可能になり、施術の効果が期待できます

脊柱管狭窄症と骨盤

腰部脊柱管狭窄症の方の多くは間欠性跛行がおこります

間欠性跛行は長時間歩くことができず、途中前屈みになり休むと歩くことができる状態のことです

腰部脊柱管狭窄症による間欠性跛行は

骨盤が前傾し、腰が反った状態でいると歩けなくなり

骨盤が後傾し、腰が沿っていない状態で回復する

という特徴があります

骨盤前傾の施術で間欠性跛行の施術が、できる可能性があるという事になります

*ただし可能性であり、完全に回復するわけではありませんし、すべての間欠性跛行に有効という訳ではありません、、、

間欠性跛行について詳しくはコチラ↓

骨盤が前傾する原因

骨盤が前に屈む原因はいくつかあります

骨盤の前にある筋肉(腸腰筋・大腿筋膜張筋など)の緊張・骨盤が内旋(内側にはいる)足首の可動域の低下などがあります

足首と骨盤の前傾

足首の可動域がなぜ骨盤に影響するのか??

例えば、つま先だちで歩いていると骨盤が前傾します

女性であればハイヒールで歩いているとお尻が上がります

これは骨盤が前傾しているからです。

こう考えると

なんとなく、つま先だちの状態だと骨盤が前傾すると感じると思います

次に足首を上げる可動域を考えてください

特に背屈可動域(つま先を上がる動き)が制限された場合

普通に歩いているだけでつま先立ち状態になるので

骨盤が前傾した状態になります。

なので足首の可動域の評価・施術は

脊柱管狭窄症の施術をする上ではとても重要になります

足首の可動域や脊柱管狭窄症の関連ブログはこちら↓