股関節の痛み・鼡径部の痛みで悩んでいるあなたへ・・・

このようなお悩みはありませんか?

  • 靴下をはくのがつらい
  • サッカーをしていて鼡径部が痛い
  • 足をあげると鼡径部が痛い
  • 反り腰といわれる
  • 腰からお尻が痛い
  • 前屈みになると鼡径部が痛い
  • etc・・・・

股関節・鼡径部の痛みについて

股関節の痛みは 股関節自体に問題がある場合と、股関節ではない場所の問題でおこる場合があります

なので、それらを評価し 状態に応じた施術を行う必要があります

股関節・鼡径部の痛みの評価股関節を構成する骨自体が問題の場合

股関節ではない場所が原因の股関節・鼡径部の痛みの原因

①腰椎椎間関節からおこる関連痛

②仙腸関節が問題でおこる痛み

③股関節の筋肉が原因で起こる痛み

④神経症状によりおこる痛み

⑤内臓疾患などが原因でおこる場合の痛み

その他

同じ股関節・鼡径部の痛みでも様々な原因があります。なので評価を行い状態に応じた施術・ケアを行う必要があります

*それぞれの項目は下に記載

様々な原因により、股関節・鼡径部に痛みが起こるため評価・アプローチ・状態に応じたケアが必要です

股関節について

股関節は腰にも、膝にも影響します

たとえば、靴下を履くことが困難な腰痛の方の多くは股関節が硬くなる事で起こります

体幹の前屈(おじきの動き)は股関節(骨盤)と腰椎の運動の比率でいうと約7対4です 詳しくはこちらのブログ ↓

  
靴下を履けない腰痛の原因は股関節?股関節の機能と股関節の体操

股関節を構成する骨

股関節を構成する組織は 骨盤と大腿骨です

関節は受け皿のソケットとそこにはまるボールの関係になっていて

ソケットが骨盤 そこにはまるのが大腿骨がボールです

股関節は受け皿である骨盤のソケットが浅いので

深さを補うように関節唇(かんせつしん)というものがあります

股関節と骨盤

股関節は骨盤が前に傾く・後ろに傾くでポジションが変わります

骨盤が前傾すると 大腿骨は内に入り(内旋)すこし曲がった状態(屈曲)になります

骨盤が後傾すると 大腿骨は外に開き(外旋)すこし伸びた状態(伸展)になります

股関節ではない場所が原因の痛み

股関節以外の場所が原因でおこる・鼡径部やお尻に痛みがある場合はそれぞれの評価を行い・その部位に対する施術を行う必要があります

腰椎椎間関節が原因

腰椎は5個があります

腰椎の1番が上で下にいくと5番になります

そのうち腰椎の1番の2番の椎間関節という場所を痛めると関連痛として鼡径部の痛みが起こります

椎間関節性腰痛については↓をクリック↓↓

仙腸関節が原因の痛み

仙腸関節は仙骨と腸骨での関節です

仙骨は腰椎とも骨盤とも関節を作り

仙腸関節の痛みは鼡径部の痛みにも腰痛にも影響します

仙腸関節の痛みについては詳しくはコチラ↓↓

股関節周囲の筋肉が原因になる場合

股関節周辺の筋肉が原因でおこるものに

お尻の筋肉が原因でおこる


・梨状筋症候群や


・脊柱起立筋が原因でおこるもの


・腸腰筋というお腹の筋肉が原因でおこる鼡径部や大腿の痛みなどもあります

梨状筋症候群については↓

脊柱起立筋が原因でおこる痛み↓

お腹の筋肉が原因の痛みについては↓他にもありあす

神経が原因

神経が原因の場合は

お尻や鼡径部にはさまざな神経があるので

筋肉が原因やヘルニアが原因などさまざな影響から

神経症状がでる状態です

その他

内臓疾患の影響により起こる鼡径部の痛みもありますが、

マッサージなどの疾患では施術は難しいです