このようなお悩みはありませんか?

  • 腰の付け根が痛む
  • 腰以外にも鼡径部(そけいぶ)や足にも痛みがある
  • 体を前屈みで痛いor後ろにそらせて痛い.もしくはどちらも痛い
  • 痛みは片側だけ
  • 腰だけではなく股関節の動きもにぶい感じがする

その悩みお任せください

もしかすると 仙腸関節障害(せんちょうかんせつしょうがい)が原因による痛みかもしれません

なぜフィットではお悩みを解決できるのか?

仙腸関節について

仙腸関節は 腸骨と仙骨で連結した関節です

仙腸関節(せんちょうかんせつ)の損傷は仙腸関節(せんちょうかんせつ)部以外にも脚や鼡径部への関連痛がおこります

仙腸関節はお腹側背中側で支配する神経が少し違います お腹側第4腰神経~第1仙骨神経 背中側第5腰神経~第2仙骨神経が支配しています

鼡径部の痛みは 仙腸関節のお腹側関節包(かんせつほう)の損傷でおこる状態であり他の腰の損傷では起こりにくいので仙腸関節損傷(せんちょうかんせつそんしょう)と腰の損傷比較になりやすいです

仙腸関節の負荷は前屈でも後屈でも負荷がかかり痛みのでる動きが前屈・後屈・もしくはどちらでも痛みが起こります

仙腸関節障害で起こる関連痛のおこる可能性のある場所

仙腸関節障害の鑑別

仙腸関節の損傷と類似した状態に椎間関節の損傷や椎間板の損傷・ヘルニアによる痛みなどの痛み下肢への関連痛に腰痛があります なのでそれらの特徴と比較し仙腸関節と判断しアプローチを行う必要があります

仙腸関節損傷に対するアプローチ

仙腸関節の動きは体幹の前屈や後屈・股関節の屈曲や伸展で同時に運動がおこります

つまり股関節や体幹の動きが硬くなると骨盤を含めた仙腸関節に負荷がかかります

体幹の前後屈も 股関節・骨盤・腰椎の運動が組み合わされて起こります

つまり股関節や体幹の動きが硬くなると骨盤を含めた仙腸関節に負荷がかかります

股関節の運動も 股関節の動きに 骨盤と腰椎の動きが組み合われ起こります


つまり股関節や体幹の動きが硬くなると骨盤を含めた仙腸関節に負荷がかかります

骨盤に付着をする筋肉の左右差はダイレクトに仙腸関節の左右差に影響します

つまり体幹から骨盤に付着する筋肉からも 下肢から骨盤に付着する筋肉からも影響をうける事になります

つまり

仙腸関節が痛みをおこす原因だと判断できたとしても 痛みを拾っている場所を把握できただけであり 根本的な解決には全身から仙腸関節に影響しているものを評価し施術・セルフケア・日常ケアを行う必要があります

フィットでは細部から全身の評価を行い 施術からセルフケア・生活指導まで行いますので 腰痛でお悩みの方は是非フィットへご連絡ください

電話でのご予約 スマホの方はタップでかかります

電話tel:09060594091

LINEから予約

フィットまでのみちのり