太ももの外側の痛みの原因のあなたに質問です

✅太ももの痛みが長い間改善しない

✅病院や整骨院に通ったが改善しない

✅坐骨神経痛と言われたが改善しない

✅座っていたり立っているとだんだん痛くなる

✅太ももや鼡径部をいつもトントンたたく

✅腰痛もある

✅鼡径部や太ももが痺れる

その悩みお任せください

まずはじめに知ってほしい事

太ももの外側の神経は坐骨神経ではありません

太ももの外側は別の神経です

あなたがもし整骨院や病院で坐骨神経痛といわれ施術を受けていても

なかなか改善しないのは 

そもそも原因とはまったく違う施術をしているからです

神経であれば 痛みを感じる神経 組織であれば痛みを感じる組織に対してアプローチをしないと

あなたの症状は変わりません

フィットではあなたのお悩みの原因にたいして

しっかりと評価をしアプローチを行います

フィットの特徴

フィットではあなたの状態をしっかりと評価をし

原因に対して必要に応じたアプローチ 原因に応じたセルフケアをお伝えしアプローチをいたします

たとえば太ももの痛みにしても

太ももの上の方の痛み 太ももの下の方の痛み

しゃがみこんだ時痛いのか? 立っているとだんだん痛いか? 座っていると痛いか?

原因により痛みの組織や痛みの出方も違います

という事は骨盤矯正で治します。や筋膜リリースで治します。ではなく

原因に応じたアプローチを行い調整していくことになります

さらに施術だけでなく

座っている時に痛いなら座り方 立っている時に痛くなら靴や足の調整

原因になる筋肉や組織にたいするセルフケアと組み合わせ調整していきます

痛みの原因

神経

太ももの外側の神経は外族大腿皮神経や腸骨下腹神経などがあり

この神経が締め付けられるようなキツいタイツや負荷のかかった座り方で痺れや痛みが起こります

外側大腿皮神経

腸骨下腹神経


腸脛靭帯

外側にまず腸脛靭帯というものがあります

腸脛靭帯は骨盤の筋肉から膝まである組織で

この靭帯の過緊張により痛みが起こります

腸脛靭帯の下には大腿二頭筋や外側広筋があり

腸脛靭帯の過緊張で大腿二頭筋と外側広筋との動きに制限が起こり

膝の曲げ伸ばしなどで太ももに痛みが起こります

*腸脛靭帯と膝の脂肪体の摩擦で起こるのがランナー膝といいます

股関節・骨盤の状態

太ももの外側の痛みには腰の仙腸関節からの関連痛や

骨盤から股関節に付着する筋肉が腸脛靭帯に付着し

外側大腿皮神経や腸骨下腹神経は骨盤の前を通過するので

骨盤と股関節の状態は大きく影響します

足の状態

足の状態は外側に体重にかかった状態でいると

それだけで太ももの外側の緊張が増します

という事は足や膝・股関節のアライメント【歪み】調整をする必要です

その他

座っている時に痛くなるなら座り方

立っている時に痛いなら立っているときの状態を

把握し何故痛くなるのか?を評価をし

状態に応じた運動や対策を行い施術しアプローチをする必要があります

太ももの痛みなでお困りなら一度ご相談下さい

料金

6600円

*全身の調整を希望される場合は880円